僕と樹のハーモニー

by pamalebe

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

二年前にあら掛けして整姿した超大品の一位ですが、今回ビシッと針金掛けました。でもこれは仕上げの針金掛けではないんです。この針金でねじ伏せた状態に春の新芽をびっしり咲かすつもりです。その新芽で作ってゆくんですが、新芽を混ませる事で葉性が細かく揃って行くんですね。一位盆栽は鉢に収めた時から葉を小さくする事を考えなければ古木感は出ません。いつまでも荒い葉っぱではカッコよくならないんです、この樹も葉が細かく揃うまでにはもうひとふんばりです。樹高92センチです。
f0147853_19474645.jpg

2年2ヶ月前の姿です。
f0147853_19531419.jpg

ホームページへリンク
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
[PR]
by pamalebe | 2012-02-26 20:02 | Comments(0)
五葉松です。樹高80センチ以上あります。どうしましょう?樹格向上のために何か良い案はないでしょうか?いつもなら自分自身なんとなく構想があってどうしましょう?って問いかけておいて結局こうなりましたって、改作した写真を載せるのですが、今回はちょっと難題です。何も案がありませんです、自由気まま勝手な意見でもいいんですが何か刺激になるような、スイッチオンになるような過激な夢のようなアドバイスお願いします。
f0147853_1854585.jpg

ホームページへリンク
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
[PR]
by pamalebe | 2012-02-24 19:34 | Comments(2)

多幹盆栽について

双幹(そうかん)とは1根から2本の幹が立ち上がっている樹形で、3本立ち上がっていれば3幹、5幹、7幹と奇数にこだわっています。何故か?と言うと見た目絶対偶数よりカッコいいからです。
5幹~7幹以上になると株立ちと呼んでます。株立ちは一つの木でありながらひと群れの森を創作することも出来ます。

その他に根連(ねつら)なりと言う似たような樹形があります。これは山で雪に押えられた幹枝が地を這い、そこに根をおろして立ち上がった枝が幹のようになった樹形です。
これも自然が作った寄せ植えのようですがなかなか味があって面白いです。

そしてもう一つ、筏吹(いかだぶ)きと言う多幹樹形があります。これも山で倒木した幹から枝が立ち上がり幹のようになった樹形で根連なりより古くから盆栽にあったようです。

と、言う事で今回は筏吹きを作りましよう!!
まず苗木のような木でもよいですが、なるべく幹の片側だけに集中して枝が出ているような木をさがして、長めの鉢に押し倒して針金でしっかり固定して植え付けます。根の部分はミズゴケ等で保護しときます。そして枝を針金で寄せ植えのように立ち上げ整姿します。幹数はやはり奇数が良いですが、切り取らずにジンにするとカッコいいです。

唐松双幹
f0147853_19163187.jpg

一位
この樹は山で根付いた筏吹きのはんぱ3幹を頂いて鉢に収めたものです。
f0147853_1922425.jpg

ホームページへリンク
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
[PR]
by pamalebe | 2012-02-18 19:36 | Comments(0)

文人盆栽について

浅い知識ですが、今日は文人木にふれてみます。文人木って、もともとは盆栽の樹形にはないんですね、昔文人さんと言われる人たちが愛した樹という意味らしいです。変わり樹、くせのある樹を型にはまらず自由な発想で思うがままに仕立てられるのがいいですね。
文人木とは、「ムダを削ぎ落とし、盆栽として成立するギリギリの姿」って雑誌に書いてありましたがわかるような気がします。が、とりあえずむずかしい話はどうでもよくて
まずは実践しましょう!空き地、庭先等に忘れられてる細幹の樹、又は苗木などありませんか?
やや斜めに鉢植えして針金巻いてやさしく曲げてみましょうよ!
こころがキュンとなるような、初恋の人に出会った時のような、抱きしめたくなるような、そんな気持ちになれたら大成功、長く持ち込みましょう!古くなればなるほど味が出てきます。
それともう一つ、真っ直ぐのびた樹(直幹)でも出来る直幹文人っていわれる佇まいの樹形があり、これがなかなか難しいですがセンスしだいでとても味のある樹になります。抜く枝一本で間抜けになるかの境目、間が命の樹形なんです。自分もいつかカッコいい「直幹文人」作りたいと思っています。
      赤松文人
f0147853_2092222.jpg

      一位文人
f0147853_20153551.jpg

ホームページへリンク
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
[PR]
by pamalebe | 2012-02-11 20:22 | Comments(2)

吹流し樹形について

盆栽には基本的な樹形がいくつかありますが今回は「吹流し」と言う樹形にふれてみました。
一方向から吹く風に倒され育って来た木を表現する樹形です。他に風の影響で「斜幹」と言う斜めに傾いた樹形もありますがそれよりもっと激しく傾き、枝葉が傾いた方向に集中していることが多いです。
風の強弱を傾き加減で表現でき自然界の風雪の厳しさを、ジン(枯れた枝)、シャリ(幹の枯れた白い部分)で強調しています。
たとえば細い苗木3本を同じ方向に傾け鉢に植え付け、針金(アルミ線、又は銅線)を幹に巻き付けやさしく曲げるだけで風を感じることが出来ると思いますよ!
                                             真柏吹流し
f0147853_1240308.jpg
真柏吹流し
f0147853_12425192.jpg

ホームページへリンク
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
[PR]
by pamalebe | 2012-02-07 12:55 | Comments(0)

ネムの樹剪定しました

ネムの樹ですがなかなか花が咲いてくれません。それはそうですよね、小さく作ろうと剪定ばかりしているわけですから咲くものも咲きません。それにネムの樹はヒョロット伸ばし風流なのがいいですし、そこで今回ヒョロット伸ばそうと決めました。上の写真が剪定前の姿で下の写真が剪定後の姿ですが真ん中の枝をヒョロット伸ばすつもりです。
f0147853_19204453.jpg

f0147853_19254256.jpg

ホームページへリンク
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
[PR]
by pamalebe | 2012-02-03 19:40 | Comments(0)